祭りだ・大会だ!

心躍るものは 郷土の祭り、更には贔屓の選手が競い合う色んな大会

第三展示室を訪れた人たちに その感動をありのまま伝えたい

(第三展示室は只今制作中です。公開はもうしばらくお待ちください)

2017年の夏は何処に行ってしまったのだろうか?8月になっても梅雨が明けない

仙台七夕祭りが始まった今日も雨が降っている。

農家の方は野菜の生育がさぞや心配であろう

400年続いている仙台の七夕祭りは本来の意味を変えて豊作を神に祈る儀式とも言われる

やませの影響で冷害の痛手を受けないよう神に頼り、神を迎えようとしたのだろう

年配の方は「七夕さんごじゃれ!」の言葉を何度も口にし、美しいく飾りつけることで豊かな収穫がもたらされることを願ったことだろう

また仙台の商人は先の戦争で一時的に途絶えていた七夕祭りを復活させ仙台商人の心意気を示し、市民を力づけた

 

 

みちのくYOSAKOIまつり見るために勾当台公園から定禅寺通りまで歩いた

街なかの至る所にお揃いのハッピを着た老若男女が歩いている

ステージの上で路上で演舞が始まる 

激しい息づかいと流れ出る汗が威勢の良い掛け声と相まって見る者に躍動感を与える

「祭りを東北全体で」の思いが実を結びつつある

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

名前 *
メール *
Web サイト