図書(紀行文)

眺めるだけで勝手に本が読めたら、そう考えたら本当に試したくなる

峠の分校は 探求と挑戦の歩みを進めるために作られたのだから

(図書室が完成するまで時間を要します。納得できる作品を作るために

安易な妥協はしない。しかし、訪問者にパーツの一部はお見せしましょう)

下記をクリックしてください。

rei4-13

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

名前 *
メール *
Web サイト